メインイメージ
トップページ > 事業案内 > レーザー装置開発・製作

■レーザー装置開発・製作



レーザーとは、光を増幅して放射するレーザー装置の事を示します。レーザー光は指向性や収束性に優れており、さらに発生する電磁波の波 長を一定に保つことができる。現在、レーザーは医療・家電・自動車・工芸・軍事に至るまで、様々な分野で活躍しています。 また、レーザーと言えば「切断」が第一に思い浮かぶと思いますが、溶接や彫刻、剥離、マーキングといった幅広い分野で利用されていま す。


■レーザー装置のハンドメイド



レーザー加工機は発振器と装置部分に分けられます。当社では、装置製作のノウハウを生かし、当社独自のレーザー加工装置を一台から製作可能です。他の種類 の加工機とのハイブリットや、今までレーザーの導入をされていなかった分野への導入の提案など、お客様のニーズに合った専用装置を製作します。




■レーザー装置を利用した加工


レーザーの特徴は、被切削物に対して非接触であること、紙や布から金属、サファイア、ガラスなど、あらゆる素材を切断できる事、切断面がきれいである事、 出力を調整する事で、切断だけでなく、彫刻ができる事などがあります。また、作業を短時間かつ細密なプロセスを実現が可能となり、効率の向上による製造コ ストの抑制も実現できます。

 例えば・・・
●切断火口面を美しく仕上げる
●継ぎ目やバリを出さない
●パンチなどの切断幅が一定
●高速加工によるコストダウン

このような問題に対してレーザー加工なら、継ぎ目やバリが無く、切断面を美しく仕上げることができます。
また、穴や曲線の切断面のクオリティは非常にキレイで後処理もほとんどありません。

■レーザー彫刻・レーザーマーキング

レーザーは彫刻やレーザーマーキングにも利用でき ます。レーザー光を利用して金属、樹脂、木、ゴム、革など様々な製品に彫刻が可能です。
シールや印刷ではできなかった耐久性や精度を実現します。腐食性や精度に優れているため、測定機器や医療機器にも利用できます。