メインイメージ
トップページ > 事業案内 > 板金・絞り・レーザー加工等

■板金加工

当社では、鉄、アルミ、ステンレス等の様々な材料を躯体・筐体・シャーシ・サポート金具など仕上がりに拘って製作しています。

ベンダー加工(曲げ加工) 、 絞り加工深絞り加工レーザー加工ワイヤー加工 等に状況に合わせて柔軟に対応し製作致します。


 
     
 

■ レーザー加工


レーザー加工は高精度な加工が可能です。
レーザー光を切削や切断加工に利用することで、従来の刃物や切削器具を用いても不可能な機械加工を行うことができます。刃物など、接触する部位を使わない ので、接触せず加工するため加工時に加工材が応力・圧力による変形をせず、画像処理ソフトウェアと連動しデータをそのまま加工機に転送することで従来必ず 必要であった型や鋳型の作成工程そのものが不要となり、多品種の加工が可能となりました。さらにレーザー特有の滑らかな切断面を得られ高速加工を実現しま す。

■ ワイヤー加工


ワイヤー加工はレーザーの苦手な反射率が高く切断が困難な加工が可能です。
ワイヤ放電加工は、金属(大抵、真鍮)の細いワイヤを被加工物に近付けるように送り、ワイヤはボビンから一定の速さで供給され、上下のガイドで保持され、 一対のガイドが相対的に運動することによりテーパ加工、上下任意形状の加工を行うことができる加工法です。
電気を通す材料であれば、どんなに厚く、硬くても切断ができ、複雑な形状や精密・微細形状加工にも対応できます。材料・用途に合わせたメッキ・塗装も承り ます。

■ へら絞り加工


平 面状あるいは円筒状の金属板を回転させながらへらと呼ばれる棒を押し当てて少しずつ変形させる塑性加工の手法です。低コストで大量に作るには欠かせない加 工方法で、リードタイムの短縮にもなります。一枚の金属の板を圧縮し、凹状に加工し、容器形状にする加工が可能です。溶接加工のような継ぎ目・シワやひず み、割れのない製品が丈夫で見た目が良くなります。絞り加工は飛行機のノーズコーンなどにも利用され、より高度で絞り精度が要求される製品にも利用されて います。