メインイメージ
トップページ > 事業案内 > マシニング加工

■マシニング加工

マシニング(NC)加工とは、マシニングセンタに取り付けた様々な種類の刃物を回転させながら削り取る機械加工のことです。
材質については、対応する刃物と条件を揃えることで様々な材質にも対応できます。
樹脂系、被切削材、金属はアルミニウムやステンレス、チタン、銅、真鍮など様々な金属加工だけではなく、ガラスやセラミック
などの材質にも加工することができます。

■ガンドリルによる加工



ガンドリルとは元来、文字通り銃口などの穴をあけるために開発された機械です。
銃身加工技術を利用することで、ガンドリルは曲がりが少なく、面粗度が良く優れた精度を出すことが可能です。
ドリル形状により切粉が適切な長さに細断され高圧の切削油で連続排除される為、ステップ送りの必要がなく、連続して加工することが加工工程の短縮へとつな がります。また、超硬チップを使用している為、高硬度・難削材の材質にも対応することが可能です。






■加工に最適な機械の選択

切削加工は、CAD/CAMで作成したNCデータ等を使用しプログラムを製作します。
一つ一つの工程で最適な機械を選択し、NC自動旋盤・NCフライス・3軸/5軸マシニングセンタ・複合加工機・ガンドリルなど様々な手法で製作致します。 そのため、コスト負担の削減・高精度・高品質・短納期を最大限考慮した加工実現します。




 

微細加工
     
 

旋盤加工
 

ポケット多面加工

   

3次元加工
 

樹脂加工