メインイメージ
トップページ > 事業案内 > 3D CADによるデザイン

■3D CADによるデザイン

3次元CADによるデザイン、例えば形状に面を埋め込む場合、単純に形状を製作すると下図のような形状になることがあります。
シェーディングで見ると問題がないように見えますが、ハイライトで見ると綺麗に面が繋がっていないことが確認できます。

シェーディング シェーディングハイライト

■造り込みへのこだわり

表現が難しい曲面の作成や作り込みが高精度に作成 することが可能です。
お客様の要望にあったデザインに対して、正確な面のつながり等を確認することができます。

例えば、この形状をどのように処理するかについて


@稜線のエッジ感を消さずに作り込みます。
エッジを活かすことで、滑らかに面をなじませることができます。

   

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
A@の形状に対して、手で稜線を消していくイメージを作り込みます。
エッジを丸めた感じができるため、稜線はへこむような感じに見えます。

   

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
BAの形状のへこむ感じが出ないようにします。
@の稜線の高さを活かしながら、滑らかな丸みを持つ形状に作り込みます。

   

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
上記の説明文では、Bが最善のように記述しています。
しかし、これが正解というわけではなく、アイデアと表現の仕方で最善の形は様々な形状と成り得ます。
私たちはお客様の『もっと』を形作る、そうありたいと願います。