メインイメージ
トップページ > 事業案内 > アルマイト処理

■アルマイト 処理


アルミニウムを強制的に酸化させコーティングすることで、金属光沢を残したまま、優れた耐食性、熱伝導性を持つアルマイト処理を施すことができます。めっ きのように他の金属を表面コーティングするのではなく、ア ルミの表面が被膜に変化するため剥がれ難く丈夫です。また、生成の過程で微細孔ができるため、この微細孔を利用し美観などを目的とした塗装処理・すべり 性・撥水性などを付与することができます。

 

■アルマイト 処理のメリット


従来の塗装は激しい接触や転倒などにより、塗装がはがれてしまい補修作業が必要な場面もありました。それに対しアルマイト処理は高い耐久性を持ち、傷が付 きにくく、耐摩耗性、耐食性に優れており、美観に関してもアルミニウム本来の銀白色の光沢、染色・着色で美観に拘ることもできます。




■アルマイト 加工技術

1.アルマイト被膜
被膜の厚みは20〜50μmで、使用するアルミニウム素材はA5000系、6000系を主に使用します。
ご要望に応じて他の物質についても検討致します。

2.寸法精度
被膜の厚さに対し、±20%以内に調整が可能です。

3.寸法の増加
アルマイト処理の生成反応(アルミと酸素の結合)により被膜が生成され容積が増加します。
そのため、製品寸法は元の素材より大きくなります。

■アルマイト 処理前の仕上げ



当社では、素材をアルマイト処理するだけではなく、処理前に研磨など用途に合わせて表面状態を改質することができます。

●研磨・仕上げ例
電解研磨、科学研磨、バブ研磨、梨地、ヘアーライン



■アルマイト 処理の種類

アルマイトの処理加工には以下のようなものがあります。
詳細用途特徴は下記ボタンをクリックしてください。

帯電量測定装置 帯電量測定装置 帯電量測定装置
帯電量測定装置 帯電量測定装置 帯電量測定装置
帯電量測定装置 帯電量測定装置